宮城県手話通訳問題研究会

(全国手話通訳問題研究会 宮城県支部)

ピンチをチャンスに宮通研

春の気配です。

新しいことが始まる季節です。

でも、マスク、手洗い、三密回避はしっかりと!

 

*新着情報はこちら→「新着情報」 

*宮通研オンライン学習室は「宮通研会員のページ」から。 


『まざらいん』5月号(No.309)を発送しました


■2022年度会員 入会受付中!

  入会のご案内は→ こちら 

  新年度会員受付中です!

  今年度の会費は早めに納入してください。


■合同学習会「雇用された手話通訳者の実態調査」

 全国手話通訳問題研究会が2020年度に実施した「雇用された手話通訳者の労働と健康についての実態に関する調査」について、宮城県聴覚障害者協会と宮通研合同の学習会を行います。 

 

 ■日時:2022年7月17日(日)午後

 ■対象:宮通研会員/聴障協会員/一般

 ■方法:会場 & オンライン(ZOOM)

 

 *くわしくは後日


■2021年度宮通研実態調査 結果報告!

宮通研編集部は、2021年11月~12月、手話通訳者の服装・持ち物アンケートを実施しました。その結果を報告します。

 

*回答者:15名(手話通訳者10名、手話学習者4名、聴覚障害者1名)

【手話通訳者の回答】

1.通訳現場に行くときの服選びについて→黒・紺・グレーなど暗めの色

2.ズバリ着ていくことが多いのは→紺

3.ほめられた/ダメ出しされた経験→(自由記述)

4.服装についておすすめのアイテム→(自由記述)

5.持ち物についてこだわりやおすすめのアイテム→(自由記述)

 

【手話学習者の回答】

1.通訳者の服装のイメージ→黒

2.自分が通訳活動をするようになったときの気になること→服装の色や素材

 

【聴覚障害者の回答】

1.通訳者の服装について→黒や紺がよい/手話が見にくい服装は避けてほしい

2.通訳者の服装についてご意見は→衣服が似合うように着てよい

 

結果報告の全文は→こちら


■全通研WEB学習会

全通研では2021年度WEB学習会を8回開催しました。

2022年度はWEBアカデミー・WEBオープンスクールとして実施する予定です。

お楽しみに!

 

 


■宮通研オンラインコンテンツOPEN!!

コロナ禍で人と会えない…。思うように手話の学習ができない…。せっかく時間があるのに…。そんな要望にお応えして、自宅で、仲間と一緒に、学習できる「宮通研オンラインコンテンツ」をご用意しました。ピンチはチャンス!

 

宮通研オンラインコンテンツの使い方

①スマートフォン、タブレット、パソコンなど(インターネットに接続できるもの)を用意する

②ホームページから「宮通研会員のページ」を開く→こちら

③パスワードを入力する(会員だけがアクセス可能)

④コンテンツの中からお好きなものをチョイス!

⑤宮通研ライフをお楽しみください


■連載「モケコの絵日記」

 ママさん手話通訳者・モケコの絵日記は→こちら


■新型コロナウイルス感染に関する声明・見解など

●感染症に関わる医療場面における手話通訳についての見解(三団体)は→こちら

●アクセシビリティに関するWFD声明(2019年2月)は→こちら

●WFD_WASLI 声明:新型コロナウイルス封じ込め対策について(2020年3月)は→こちら

 


■記者会見における手話通訳について(共同声明)

 「記者会見における手話通訳について(共同声明)」は→こちら


■宮通研未来を育てる書籍紹介コーナー

宮通研会員がお勧めする書籍紹介コーナーを新設しました。

本を読んで心と知識を育てましょう。

未来の私のために。

未来の社会のために。

「宮通研未来を育てる書籍紹介コーナー」こちら


■全通研東北ブロックニュース

  東北ブロックニュースは こちら から


■宮城県聴覚障害者福祉会 賛助会員募集♪

宮城県聴覚障害者情報センター・みやき通訳派遣センターを運営している、一般社団法人宮城県聴覚障害者福祉会は、福祉会サポーターズ(賛助会員)を募集しています。

聴覚障害者の暮らしをよりよいものにするために

宮城県聴覚障害者福祉会へのご支援をお願いいたします!

 

■会費(4月~翌年3月まで)

・個人会員 一口1,000円

・特別会員 一口10,000円

 

詳しくは こちら から(→福祉会HP