宮城県手話通訳問題研究会

(全国手話通訳問題研究会 宮城県支部)

ピンチをチャンスに宮通研

 

2月には特別手話講座をはじめ、地域班や研究班の例会が予定されています。

ぜひ、お誘いあわせのうえお出かけください。 

  

*新着情報はこちら→「新着情報」 

*会員限定情報は「宮通研会員のページ」から。 

*ママさん手話通訳者・モケコの絵日記は→こちら


『まざらいん』2(No.330)を発行しました

 *宮通研会員は『まざらいん』データ版をご覧いただけます。→こちら


令和6年能登半島地震において被災された多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復旧と、各地域で復旧にご尽力されている皆さまの安全をお祈りし、

一日も早く皆さまに通常の生活と平穏が戻りますようお祈りいたします。 

 

聴覚障害者災害救援中央本部(注)では災害・有事の際の迅速な被害状況およびニーズの把握と⽀援活動を進めるため、常設の基⾦を設けています。

令和6年能登半島地震において被災された聴覚障害者および手話通訳者等を対象に、義援金・救援活動、対策本部・地域本部等の活動に使用するため、皆様の温かいご⽀援をよろしくお願いいたします。

 

宮通研は宮城県聴覚障害者協会と合同で、各種行事にて募金活動を行います。皆さまの募金は「支援金」として聴覚障害者災害救援中央本部に送ります。

 

■支援金振込口座

みずほ銀行 江戸川橋支店 普通預金 口座番号:1511276

名義:(一財)全日本ろうあ連盟     災害救援中央本部代表 石野富志三郎

(イッパンザイダンホウジン ゼンニホンロウアレンメイ サイガイキュウエンチュウオウホンブダイヒョウ イシノフジサブロウ)

 

■義援金振込口座

北國銀行 城南支店 普通預金 口座番号:243689

名義:石川県手話通訳制度を確立する推進委員

(イシカワケンシュワツウヤクセイドヲカクリツスルスイシンイイン)

 

<義援金使途目的>

石川県対策本部で、被災状況に応じて被災したきこえない人や手話関係者を対象に公平に配分します。

 

(注)聴覚障害者災害救援中央本部は、東日本大震災の継続支援と今後起こりうる地域災害への支援、防災対策の推進を目的とし、全日本ろうあ連盟、全国手話通訳問題研究会、日本手話通訳士協会の三団体で構成されています。

「令和6年能登半島地震に関する聴覚障害者関連の情報」については →「全日本ろうあ連盟HP

 

ダウンロード
「聴覚障害者災害救援基金」呼びかけ
「聴覚障害者災害救援基金」呼びかけチラシ.pdf
PDFファイル 1.0 MB

■2024年度会員 入会受付中!

  入会のご案内は→ こちら 

  新年度会員受付中です!

 


■2023-特別手話講座のお知らせ(オンデマンド配信あり)

 今年度の特別手話講座の受付を開始します。

 藤木和子氏(聞こえないきょうだいをもつSODAの会代表・弁護士・手話通訳士)を

 迎え、ご自身からみた家族と社会についてお話しを伺います。

■日時:2024年2月11日(日・祝)13:00~16:00(12:40受付開始)

■会場:①仙台市シルバーセンター 第一研修室  ②オンライン

■内容:「聞こえるきょうだいSODA・弁護士・手話通訳士からみた家族と社会」 

■講師:藤木和子氏(聞こえないきょうだいをもつSODAの会代表・弁護士・手話通訳士)

■参加費:会員1,000円、会員外2,500円

■申込締切:2024年2月4日(日)*事前申し込みと参加費の入金が必要です。

■申し込みは →こちら

 

*ミニイベントあり(とっておきの音楽祭の「オハイエ」をみんなで)

*講座参加者特典、講師を囲む会あり(17:00-19:00 仙台駅周辺で)

*詳しくは下記のちらしをご覧ください。

ダウンロード
2023-特別手話講座チラシ
2023-特別手話講座チラシ.pdf
PDFファイル 1.7 MB

■第2回全通研Webアカデミーのお知らせ(終了しました)

第2回全通研WEBアカデミーが開催されます。

 

■日時:2024年1月27日(土)13:30~15:30

■方法:オンライン(ZOOM)

■内容:「手話・手話通訳と基本的人権の関係」 

■講師:小林武氏(沖縄大学客員教授)

■申し込み締め切り:2024年1月22日(日)

■申し込みは →こちら

ダウンロード
第2回全通研WEBアカデミー
第2回Webアカデミー.pdf
PDFファイル 687.6 KB

■2023-第2回宮通研学習会(終了しました)


■2023-第1回宮通研学習会(終了しました)


■第2回全通研Webオープンスクール(終了しました)


■wasli Conference 2023 in 韓国報告会(終了しました)


■災害フォーラムみやぎ2023 (終了しました)


◆安否確認報告のお願い

2022.07月号から「まざらいん」の裏表紙に「安否確認報告のお願い」を掲載しています。

震度6強以上の地震が発生した場合や県内に大雨特別警報が発令された場合は、こちらのフォーマットでお知らせください。


■2021年度宮通研実態調査 結果報告!

宮通研編集部は、2021年11月~12月、手話通訳者の服装・持ち物アンケートを実施しました。その結果を報告します。

 

*回答者:15名(手話通訳者10名、手話学習者4名、聴覚障害者1名)

【手話通訳者の回答】

1.通訳現場に行くときの服選びについて→黒・紺・グレーなど暗めの色

2.ズバリ着ていくことが多いのは→紺

3.ほめられた/ダメ出しされた経験→(自由記述)

4.服装についておすすめのアイテム→(自由記述)

5.持ち物についてこだわりやおすすめのアイテム→(自由記述)

 

【手話学習者の回答】

1.通訳者の服装のイメージ→黒

2.自分が通訳活動をするようになったときの気になること→服装の色や素材

 

【聴覚障害者の回答】

1.通訳者の服装について→黒や紺がよい/手話が見にくい服装は避けてほしい

2.通訳者の服装についてご意見は→衣服が似合うように着てよい

 

結果報告の全文は→こちら


■新型コロナウイルス感染に関する声明・見解など

●感染症に関わる医療場面における手話通訳についての見解(三団体)は→こちら

●アクセシビリティに関するWFD声明(2019年2月)は→こちら

●WFD_WASLI 声明:新型コロナウイルス封じ込め対策について(2020年3月)は→こちら

 


■記者会見における手話通訳について(共同声明)

 「記者会見における手話通訳について(共同声明)」は→こちら


■宮通研未来を育てる書籍紹介コーナー

宮通研会員がお勧めする書籍紹介コーナーを新設しました。

本を読んで心と知識を育てましょう。

未来の私のために。

未来の社会のために。

「宮通研未来を育てる書籍紹介コーナー」こちら


■全通研東北ブロックニュース

  東北ブロックニュースは→こちら 


■宮城県聴覚障害者福祉会 賛助会員募集♪

宮城県聴覚障害者情報センター・みやき通訳派遣センターを運営している、一般社団法人宮城県聴覚障害者福祉会は、福祉会サポーターズ(賛助会員)を募集しています。

聴覚障害者の暮らしをよりよいものにするために

宮城県聴覚障害者福祉会へのご支援をお願いいたします!

 

■会費(4月~翌年3月まで)

・個人会員 一口1,000円

・特別会員 一口10,000円

 

詳しくは こちら から(→福祉会HP